<HOME(トップに戻る)

2006年10月29日

寛容の精神

寛容に生きれば人生よく生きられる


っていう言葉がじいさんの口癖でした


ということで昨日告別式&日程の都合上不可能な初七日をまとめてやってきました
徹夜あけだったり、帰ってきたのが0時前ということもあり
作業進まずというか寝る気満々で帰ってきたので先ほどまでくたばっておりました

もうちょっと原稿かかりそうですね(^^;
無理だけはしないようにします


丁度大学3年の春に父方の祖父が他界し、それ以後母方の祖父とお付き合いさせていただく機会が増えたんですけど、そこで初めて祖父の人柄などがわかりました
今でも人間としても芸術家としても尊敬しております


まあもうちょっと自分は多少のことでうろたえないすわった肝がほしいところですが・・・



posted by ごちょ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1612327

この記事へのトラックバック