<HOME(トップに戻る)

2007年12月27日

冬コミのお話

あーすいません
ここのところ糞忙しかったので更新しませんでしたが
冬コミは新刊でます


・ヴォーカロイド症候群(初音ミク本)

・董白様にはかなわない!!(三国志大戦本)


のふたつに既刊少々となってます
よろしくお願いします

以下拍手レス

>GINです。お久しぶりです。応援してます、頑張ってください

どうも〜お久しぶりです(^^;
ここ2年の自分は活動的に不安定だったので
これからはもっと頑張ろうと思います!
こちらこそありがとうございます


■江頭

1198669658350.jpg


話題のPPPを見た
いや、江頭すごいなw
俺今まで知らなかったけど、江頭はかなり頭いいんですね
何より生き様がかっこいいです


こういうのは無駄に描く側として重ねちゃうけど
いやーなんていうか、やっぱり自分がやることに対して
何に意識をもっていくのかってすごい大事なことだと思うわけで
単なる俺TUEEEEEを見せたいだけなのか
見てもらう相手のことを考えるか・・・
でも絵描きって大抵自分のことしか考えて無くてさ
前者であるところが大部分なんだよね
なんでかっていえば、自分の描くものが自分の表現って言うか
自分の考えてる「一番おもしろいもの、あるいは良いもの」を主張したいわけでしょ?
そういう意味で一人よがりになってしまうし、それが認めらてちやほやされてしまえばもうそのまま固定されちゃう
まあ別にそれで成功したのならその人は実力があるってことだからいいとは思うけど
つきあいたい人種かどうかは別としてね

まあ絵描きは誰でも傲慢になるものなのです
そこで自分はいろいろ大人から言われたことや、実経験を省みて
後者になればよりよい作品を作り出せるのではないかなぁなんていう
妄想を抱いております
いや、本当に自分のことしか考えてないやつ多すぎて嫌気が差してるからってのもあるけれど、前述したとおり、実経験や周りの大人から言われたことが僕の胸に深深と突き刺さってるわけで
「自分のことよりもまず他人のことを気遣え」
それがいいかどうかなんて、実のところ最近になるまでわかりゃせんかったです
ただ、ほんの些細なことでも相手のことを考えることが自分の成長に繋がるんだって言うことはなんとなくだけどわかってきました
まあ僕はまだ自分のことしか考えてない人間ですから、実践には遠いわけですが

ということで自分中心から、読む側の立場に立って、今後はいろいろ考えていきたいものです
そうすれば傲慢になることにも繋がらないしねー


まあとりあえずコンスタントに何かできればそれはそれでいいわけだが
なんか目標ないとモチベーションはあがらんものだよ
来年は常に絵を描いて、皆様の目に触れさせることができればな
と思ってます
しくよろ
posted by ごちょ at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8837347

この記事へのトラックバック